レーザー脱毛

なぜ永久脱毛効果が得られるの?レーザー脱毛のメカニズム

medical_epilation_mv

意外と知られていない!?レーザー脱毛の仕組みをご紹介します。
医療脱毛に使用されるレーザーは黒い色素(メラニン)を吸収する特性があり、肌の表面に作用することなく黒い毛根だけを熱で破壊します。

医療レーザー脱毛の流れ

1.剃毛したあとにレーザーを照射

1.剃毛したあとにレーザーを照射
レーザーを照射すると黒い毛に熱が吸収されて毛根に集中します。

2.毛根のメラニンに反応して熱が発生、毛根の組織を破壊

2.毛根のメラニンに反応して熱が発生、毛根の組織を破壊
その熱によって毛根、皮脂腺開口部が破壊されます。
これらの部位は発毛の中枢となっており、一度破壊されると新たな毛は生まれなくなります。

3.毛根が破壊された毛は自然と抜け落ちていく

3.毛根が破壊された毛は自然と抜け落ちていく
レーザー脱毛機器は黒い毛のみに作用するので、表皮や周辺の細胞を傷つけません。

レーザーによる肌への負担

メラニンに集中的に熱吸収が行われるため、通常の肌組織には影響を与えず脱毛効果が得られます。
また、多くのレーザー機器には冷却装置が備わっていますので、熱による痛みを抑えることができます。

毛周期との関係

レーザー脱毛は1回の施術では全ての毛に脱毛効果を出すことは出来ません。その理由は「毛周期」です。
毛には毛周期と呼ばれる一定の生え変わりサイクルがあり、レーザー脱毛で効果を得られるのはメラニンを多く含む成長期の毛です。
1.5~2ヶ月で次の毛周期をむかえるサイクルに合わせながらレーザー照射を繰り返し行います。個人差はありますが、約5回の施術で部位全体に永久脱毛効果が得られるという方が多くいらっしゃいます。

毛周期のことをもっと詳しく知りたい方はコチラ
「毛周期」に合わせた医療脱毛で効果UP!毛周期の解説

まとめ

  • レーザーは黒い毛のみに反応するので、表皮や周辺の細胞を傷つけない
  • レーザー脱毛ではメラニンが多く含む成長期の毛に効果が出る
  • 1.5~2ヶ月程度の毛周期サイクルに合わせながらレーザー照射を行う

無料カウンセリング予約はこちら

美容皮膚科フェミークリニックの無料カウンセリングはこちらから。
当日脱毛施術を希望されるかどうかお選びいただけます。
お気軽にお申し込みください。

無料カウンセリング予約を申し込む