レーザー脱毛

レーザー脱毛は痛いって本当・・・?照射時の痛みと効果の関係

medical_epilation_mv07

「医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い分、痛みが強い」
「太い輪ゴムではじかれたような痛みがあった」
このような体験談、感想はもはや一昔前のもの。
脱毛機器の進化やクリニックの対応により、レーザー脱毛でもずいぶん痛みが軽減されています。
今回は、レーザー脱毛で感じうる痛みの程度や対処法を詳しくご紹介いたします。

痛みの感じ方

レーザー脱毛では機器ごとに痛みの感じ方が異なります。痛みの感じ方は次の表の通りです。

輪ゴムで弾かれたような痛み アレキサンドライト・G-max・YAGレーザー
チクチクとしたような痛み ダイオードレーザー

また、痛みの感じ方には当然ですが個人差があります。初めてのレーザー脱毛の刺激にびっくりされる方もいらっしゃいますが、特にVIOやハイジニーナなど太い毛が密集して生えている部位だと痛みを強く感じる方が多くいらっしゃいます。その理由は、レーザーが反応する毛の断面図(黒い面積)が大きく、レーザーの熱が表皮にも伝わりやすいからです。
また、脱毛開始したばかりの時期は毛質がしっかりしていて毛量も多いため、痛みを感じやすいといえますが、繰り返しレーザー脱毛を受けることで徐々に毛が細く減っていくので、痛みも軽減する傾向があります。

毛質 太い>細い
毛の密度 密集>まばら
部位 柔らかい部分>そうでない部分
肌質 乾燥肌>普通肌

脱毛の痛みへのケア

初めての毛抜きやワックスでの処理では、とても強い痛みを感じたのではないでしょうか。繰り返すことで痛みには慣れたという方もいらっしゃいますが、”医療レーザー脱毛”という初めてのことにはやはり不安もあると思います。

当院のスタッフは全員、医療脱毛を経験しております。

それは、患者さまの不安や痛みを理解することが、患者さまに快適に施術を受けていただけると考えているからです。痛みが感じやすい部分はスタッフから声をかけたり、ゆっくりと照射するなどの工夫をすることで軽減することができます。

また、当院に設置された機器は全て冷却装置が備わっています。毛根組織が破壊される時の「熱感=痛み」は、瞬時に冷却されることで、痛みを最小限に抑えながら受けることができます。

その他、麻酔クリームを用いることも可能です。
施術を受ける約30分前より施術部位に麻酔クリームを塗布することで、痛みを更に軽減することができます。

副作用について
太陽光線で日焼けをした場合、人によっては皮膚が黒くなる、赤みが出るなど反応が人によって違います。同じようにレーザー脱毛の後に赤みが出る、痒みが続くなど人それぞれ反応の現れ方に違いがあります。医療レーザー脱毛によって生じる赤み・痒みなどは一時的なものなので、時間の経過とともに消失します。
しかしながら、それらの症状をなるべく早く消失するため、必ず医師の診断に従い正しいケアを行ってください。

まとめ

  • 医療脱毛機器の種類によって痛みの感じ方が違う
  • 毛質がしっかりしていて毛量も多いと痛みを感じやすい
  • 冷却装置の備わった機器の使用や、麻酔クリームの使用で痛みが軽減できる

無料カウンセリング予約はこちら

美容皮膚科フェミークリニックの無料カウンセリングはこちらから。
当日脱毛施術を希望されるかどうかお選びいただけます。
お気軽にお申し込みください。

無料カウンセリング予約を申し込む