レーザー脱毛

アトピーでも脱毛はできますか??

アトピー肌と脱毛の関係

アレルギー体質の方や、アトピー肌の女性も脱毛を希望されての相談をいただくことがあります。
基本的にそのような方でも、医療脱毛をすることは可能です。医師がいないエステ・サロンでは肌の状態や万が一の対処ができないためお薦めいたしません。医師の在籍するクリニックであれば、患者さまのお肌の状態をみて治療を行うことで、アレルギー肌やアトピー肌の方でも医療脱毛を安全に行うことができます。
しかし、いくつか注意点もあります。アレルギーと医療脱毛の関係をフェミークリニックが解説いたします。

アトピーとは?

アトピーとは気管支喘息、鼻炎などのアレルギー疾患でも冠されますが、ここでは皮膚のアトピー。アトピー性皮膚炎と脱毛の関係について解説いたします。

アトピー性皮膚炎は表皮や角層の異常に起因する皮膚の乾燥と保護機能異常やその他様々な要因が絡み、主な症状としてかゆみのある湿疹と炎症を伴う疾患です。なかなか治らないことも特徴といえます。アトピーの原因としては喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎や食物アレルギーで遺伝によりその体質を受け継ぐこともあります。また、皮膚のバリア機能が外からの刺激を防ぎ、水分の蒸発による乾燥を防ぐ機能があり、それが弱まることによってアトピーを引き起こすと言われています。

アトピー肌の医療脱毛は?

アトピー性皮膚炎の症状が悪化した状態。肌の赤みが強かったり、色素沈着している時期は医療脱毛は避ける必要があります。これはアトピーを持たない人でも言えることで、安全且つ効率よく医療脱毛の効果をだすために必要不可欠です。
ですので、アトピーだから医療脱毛はできないということはありません。フェミークリニックでは無料カウンセリングにて患者さまのお肌の状態を診察させていただき、患者さまの普段の生活に支障がでないよう、負担を抑えつつ医療脱毛の効果を最大限に発揮できようオーダーメイドで治療計画を立てさせていただきます。

また、むしろアトピーでお悩みの方こそ早急に肌に刺激を与えるだけの自己処理をやめ、医療脱毛による全身脱毛を行うことが、結果的に肌への無理な刺激を抑え、肌の状態を良好に保つことが可能ですのでお薦めいたします。

医療脱毛でカミソリ負けも解決!ムダ毛の自己処理によるトラブル

どんなアレルギーでも医療脱毛は可能ですか?

アトピー性皮膚炎もアレルギーの一つと言えますが、どんなアレルギーでも医療脱毛が可能かというとそうではありません。例えば日光湿疹は紫外線による刺激で肌に湿疹ができるという日光アレルギーと呼ばれています。この日光湿疹には日光過敏症や光過敏症も含まれます。

医療レーザー脱毛のレーザーは紫外線とは異なるため、日光湿疹の場合は問題はないのですが、光過敏症の場合は「光」そのものに反応するため、医療脱毛で使用するレーザーに反応する可能性がございます。脱毛ができないわけではないのですが、必ず事前に医師に相談する必要があります。

今回紹介した日光アレルギー以外にも様々なアレルギーが存在ます。思い当たることがあれば当院の無料カウンセリングを是非ご活用されてみてください。アレルギーで肌が敏感だから脱毛は諦める・・・。気持ちはわかりますが、ムダ毛の自己処理も肌への大きな負担となりますので、ご自身で判断されずに、専門の医師による診断をおすすめいたします。

医療脱毛でアレルギーの症状が悪化することはないですか?

当院で使用するレーザー機器は正しい用法であれば、紫外線や放射線などのように直接人体に害を与えることはありませんし、医療レーザー脱毛によるアレルギーが悪化したという症例も報告されていませんのでご安心ください。美容皮膚科のプロフェッショナルが患者さまのお肌の状態に合わせたオーダーメイドをいたします。

オーダーメイド医療脱毛であればアトピー肌でもご安心ください

今回ご説明したアレルギーに関わらず、お肌の健康に関わる気になる点があればお気軽にご相談ください。美容皮膚科であるフェミークリニックでは皮膚科で行う治療だけでなく、お肌の状態を本来女性がもつきめ細やかな肌質へと導くまでを視野にいれ治療をおこなっております。また、ご相談は24時間、無料カウンセリングで承っておりますので、少しでも気になる点があれば是非ご活用くださいね。

無料カウンセリング予約はこちら