医療脱毛のキホン

脱毛クリームの本当の姿って?

脱毛クリーム

最近脱毛クリームの種類も増え、ドラッグストアでもよく見かけるようになってきました。

患者様から

「脱毛クリームをよく見かけるけど効果はあるの?」
「肌に影響はないの?」

という質問を多く寄せられます。
脱毛クリームの効果などについてフェミークリニックが解説いたします。

脱毛クリームについて

そもそもローションや乳液、ジェルタイプも含めた一般的な「脱毛クリーム」と呼ばれているものには脱毛効果ありません。
脱毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が、毛のたんぱく質を溶かし、肌の表面上に出ている毛だけを取り除くため、毛を根本から抜くわけでも、毛根組織に働きかけるわけでもありません。

そのため、クリームの効果は脱毛ではなく「除毛」になるため、「除毛クリーム」と呼ぶことが正しいでしょう。

肌への影響

脱毛(除毛)クリームによる肌への影響は大きいです。

クリームに含まれるアルカリ性の成分は、毛のたんぱく質だけでなく、肌のたんぱく質へも影響を与えます。肌が弱い方や生理前で肌が敏感になっている方には肌がしみるような刺激を感じることがあります。

また、香りが苦手な方もいらっしゃいますし、肌に刺激を与えることで肌荒れや色素沈着の原因にもなるので、使用時には注意が必要です。

脱毛クリームのメリット

脱毛(除毛)クリームのメリットは簡単に除毛を行えるということと、クリームが安価であるということです。
また、カミソリで剃った場合は次に生えてくる毛が尖っており、チクチクすることがあります。
しかし、除毛クリームの場合は表面に出ている毛が溶けた後、毛穴に残った毛は毛先が丸くなることが多いため、次に生えてきてもチクチクしないというメリットもあります。

脱毛クリームの注意点

どの脱毛クリームであっても、パッチテスト(使用前テスト)は行っていただいた方が良いでしょう。パッチテストは、少量を脱毛したい部分に塗り、数分置いてからぬるま湯で洗い流します。
24時間後お肌に異常(赤み、痒み、かぶれ等)がなければ使用できます。
健康状態やホルモンバランス、ストレスや寝不足などにより肌状態は変化するため、体調がすぐれない時には使用を避けてください。
また対象部位以外には使用しないでください。

脱毛(除毛)クリーム使用後のケア

脱毛(除毛)クリームを使用した後は、肌に負担がかかりバリア機能が乱れ、乾燥しがちです。しっかりと保湿を行い、肌に刺激を与える事は控えてください。また、アルコールが高い割合で入っている化粧水の使用は控えてください。アルコールの高い化粧水を使うと余計に肌を乾燥させてしまうからです。
保湿力の高いクリームや乳液を使用し、肌の乾燥を防ぎましょう。
日頃のケアとして、日焼け止めを塗るなど紫外線から肌をしっかりと守ることも大切です。なお、クリームを使用した後に毛が残っていることがあります。
しかし、すぐにまた脱毛クリームやカミソリを使用することは控えましょう。

残った毛をまたすぐに処理してしまうと、脱毛(除毛)クリームで負担をかけた肌にまた刺激を与えてしまうため、少なくとも数日間はあけてから再度使用してください。

最後に

脱毛クリームは安価で、ドラッグストアなど身近な場所で購入できるため、とても気軽に脱毛を行える方法だと思います。
しかし、定期的に処理をしなければならない事と、行うたびに肌へダメージを与えてしまう事も含め、長期的に見たコスト面を考えると、医療脱毛を行うこともおすすめです。

医療脱毛でカミソリ負けも解決!ムダ毛の自己処理によるトラブル

医療脱毛は毛根を破壊し毛が生えてこないようにすることができるので、効果が永久的に続きます。
またしっかりとカウンセリングを行い、患者さまの肌質や毛質にあわせてレーザーの出力を調整し、施術を行いますので肌へのダメージもありません。
このほかにも気になる点などございましたらお気軽にフェミークリニックまでご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら