レーザー脱毛

医療脱毛の痛みの感じ方の違いについて

脱毛の痛みの違い

脱毛をするなら医療レーザー脱毛の一択のみなのですが、いいところばかりなのでしょうか?
毛が抜けるのだから・・・痛いのでは?と不安に思われている方もいるかと思います。

そんな疑問にスタッフ全員が医療脱毛の経験者であるフェミークリニックが解説します。

脱毛の痛みについて?

エステ・サロンの光脱毛や医療機関での医療レーザー脱毛(医療脱毛)の痛みを比較して、どちらが痛くないのかというと、エステ・サロンの光脱毛の方が比較的痛みはありません。その理由はエステ・サロンは医療機関ではないため、照射レベルを制限されるからです。

医療機関では医師の診断の元、安全な範囲内でしっかりと脱毛効果のある照射レベルにてレーザーをあてることができ、短期間で脱毛を実現することが可能です。一般的には「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と言われています。人によって感じ方も異なり、体調、部位、施術者の技術にも依ります。

体調による医療脱毛の痛みの感じ方の違い

女性の身体はとてもデリケートです。個人差はございますが、生理の前後に痛みが強くでるという患者さまが多くいらっしゃいます。また、睡眠不足やその他体調不良等によっても普段よりも痛みに敏感になる可能性があります。

部位による医療脱毛の痛みの感じ方の違い

一般的にデリケートゾーンは他の部位よりも痛みを感じやすいと言われています。

人気上昇中!ハイジニーナ脱毛のご案内

いい女はアンダーヘアも美しく。VIO脱毛のご案内

医療レーザー脱毛の仕組みは、黒色にだけ反応する波長の光を照射し、熱で毛母細胞を破壊することで脱毛を実現します。
そのため太く濃い毛によりよく反応し、痛みを感じやすくなります。また、骨に近い部位(皮膚が薄い)も痛みが比較的強く現れます。
「細胞を破壊」することで永久的な脱毛が実現しますので、全く痛みがないというのは逆に脱毛効果がないと思っていいでしょう。
医療脱毛では回数が進むにつれて毛が薄くなっていくので、基本的に1回目よりも3回目以降くらいからは痛みが和らいだと感じる方が多くいらっしゃいます。

施術者の技術による医療脱毛の感じ方の違い

痛みの感じ方は個人差もありますが、施術者の経験値や技術力も関わってきます。誰しも痛みが少ないにこしたことはないですよね。
でも、しっかりと短期間で脱毛の効果を得たい。それを実現させるために患者さまに出来るだけ負担を抑えた範囲で最大の効果を得られるような施術計画を立てることが重要です。これにはクリニック・施術者の技術力が求められます。

レーザー脱毛は痛いって本当・・・?照射時の痛みと効果の関係

快適に脱毛をしていただくための取り組み

当院でも初めて脱毛を体験される方から事前に「医療脱毛はどのくらい痛いのですか??」という質問をよく受けます。
痛みについては個人差が大きいため、一概にお答えすることができないのも事実なのですが、個人差として片付けるのではなく、当院ではできる限り快適に治療を受けていただくために「痛み」を軽減するための努力を怠りません。また、当院のスタッフ全員が医療脱毛を経験済みですので、患者さまの思いを共有できるように努めています。

開院から13年、医療レーザー脱毛20万症例以上のフェミークリニックでは、痛み、肌質の弱い方など多くの症例を全院で共有し、安全により高品質な医療脱毛を提供できるよう、日々対応しています。痛みだけでなく、気になる点、ご不安なことなど、お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら