レーザー脱毛

脱毛でいちばん痛い部位は?

脱毛で一番痛い部位は?

脱毛を行う上で、いちばんの心配事は痛みについてではないでしょうか?

「一番痛い部位はどこですか?」
「部位によって痛みは違いますか?」
というご質問を多く寄せられます。痛いのは誰でも嫌なものですよね。そんな医療脱毛の痛みと極限まで軽減する方法を私たちフェミークリニックがしっかりとご説明いたします。

どうして痛みがあるの?

医療レーザー脱毛は、メラニン(毛の黒い色)に反応するレーザーを使用します。
レーザーを照射すると、体毛のメラニン色素にレーザーが吸収されます。その後、熱に変換されます。
この熱で、毛母細胞(毛を作り出す細胞)を破壊することにより永久脱毛の効果を得ることができます。
熱で毛母細胞を破壊するため痛みを感じてしまいます。

医療脱毛はどのくらい痛いの?

痛みの感じ方には、個人差はありますが、肌質や毛質・毛量によって異なります。
乾燥した肌はとても敏感なので、痛みを感じやすくなります。また、メラニンに反応しますので、毛が太く密集している部分も痛みを感じやすいでしょう。一般的には、輪ゴムでパチンと弾かれる程度と言われています。

痛みを感じやすい部分はどこ?

医療レーザー脱毛はどの部位でも痛みが同じというわけではなく、部位によって痛みも異なってきます。個人差はありますが、顔やワキ、ひざ下やVIOなどの皮膚が薄く、発毛が密集している部位は痛みを感じやすいと言われています。

ひざ下
個人差はありますが、比較的毛も太く密集しているため、痛みを感じやすいですが、すねや足首付近など皮フが薄い部分は特に強く感じるでしょう。
脇(わき)
わきは毛が太く密集しているため、レーザーが反応しやすく痛みを感じやすい部位です。
VIO
VIO脱毛は体の部位の中で1番痛い部分と言われています。 VIOは皮膚が薄いだけでなく、毛も太く、密集しているため痛みを強く感じると言われています。

医療脱毛の痛みを軽減するには

事前に3つのことを意識して行うことで痛みを軽減することができます。

  1. 保湿をしっかりと行う
    肌が乾燥していることによって痛みを感じやすくなるので、日頃からしっかりと保湿を行いましょう。
  2. 日焼け
    日焼けした部分は皮フに炎症が起き、メラニンを含んでいる状態です。そのため発毛ではなく発毛ではなく肌への影響を及ぼすため、痛みを感じやすく、術後に火傷を起こす可能性もあります。日頃から日焼け止めや夏場は長袖でカバーするなど日焼け対策を行ってください。
  3. 生理前後の施術を避ける
    生理前は、ホルモンバランスが崩れ、肌も敏感になっています。 そのため、痛みを感じやすくい方も多いため、生理前の施術についてはクリニック相談してください。

痛みが強い場合

医療脱毛では医師が常駐していますので、痛みに耐えられない場合や施術前から痛みを避けたい場合には麻酔クリームの使用で痛みを軽減することができます。
麻酔クリームを使用することにより、痛みを感じやすい方でも安心して快適に脱毛を行えます。

痛みを最大限まで軽減するために

痛みを抑えることに注力しすぎて、肝心の脱毛効果が弱かったという本末転倒な話もよく聞きます。ただ単に照射レベルを落とせば良いというわけではないところが、経験の差が大きくでてくると言えます。

当院では痛みを軽減するために、患者様一人ひとりの体調や肌質、毛周期等を確認したうえで、照射熱量だけでなく照射角度、照射間隔などのきめ細かくこだわり調整を行っています。

また、当院のスタッフは全員とも永久脱毛を経験しています。そのため、「痛みゼロで脱毛したい」という患者さまの想いを最大限汲み取りつつ、開院13年、20万症例の経験をもとに効率よく安全な脱毛をオーダーメイドで実現いたします。

患者さまが安心して施術を受けていただけるようにスタッフ一同日々研鑽に努めております。脱毛やお肌のケアで不安なことなどがございましたら、無料カウンセリングを是非ご利用ください。

無料カウンセリング予約はこちら

美容皮膚科フェミークリニックの無料カウンセリングはこちらから。
当日脱毛施術を希望されるかどうかお選びいただけます。
お気軽にお申し込みください。

無料カウンセリング予約を申し込む