レーザー脱毛

妊娠しても脱毛できる?

妊娠中の脱毛は大丈夫?

脱毛を受ける際は毛周期に合わせて複数回ご来院いただきますので、
「妊娠していることに気づかないまま脱毛治療を受けたが、胎児に影響はありますか?」
「妊娠中に脱毛は行えますか?」
という質問をいただくことがあります。
妊娠中の脱毛に関してフェミークリニックが解説いたします。

レーザー脱毛による胎児や母体への影響

レーザー脱毛による直接的な胎児や母体への影響はございません。
医療脱毛で使用されているレーザーは755nm程度の可視光線であり、紫外線やX線などとは異なるためです。
妊娠に気付かずに脱毛施術を受けた場合でも、胎児や母体に直接的な影響はありませんので、ご安心ください。

妊娠中の脱毛について

胎児や母体への直接的な影響はありませんが、当クリニックでは念のため、局部付近及び、腹部は避けて照射を行っております。
妊娠中は治療後の外用薬を塗布することができず、肌も敏感になっている為、照射エネルギーを通常よりも低く設定させていただいております。そのため、脱毛効果を得にくくなる可能性もございますので、妊娠がお分かりになった時点でまずは当クリニックにご相談ください。

妊娠中の体調変化について

妊娠中は体調が変わりやすいため、脱毛時の冷却などは大きな負担になってしまいます。
また、妊娠後期の安定期であっても、長時間横になった時の母体への負担が大きいため、その場合は休止することをお勧めしております。

妊娠中の毛周期の乱れについて

毛は毛周期という、発毛のサイクルによって生え変わります。
効率よく、早く永久脱毛の効果を得る為にも一定のサイクルに合わせて医療脱毛を行う必要があります。
しかし、妊娠するとホルモンバランスが乱れ、毛周期も安定しなくなるため、一時的に発毛が濃くなる可能性もあり、脱毛を行っても、出産後に発毛が元に戻る可能性もあります。そのため、妊娠中の脱毛は、永久脱毛の効果を得にくくなることがあります。

肌への負担

妊娠中はホルモンバランスが乱れることにより、肌がとても敏感になります。
敏感な状態で、レーザー治療を受けてしまうと通常よりも痛みを強く感じたり、赤みがなかなかひかない恐れがあります。
また、妊娠中は外用薬を使用することができないため、肌への負担をかけないよう注意が必要です。

身体的ストレス

脱毛時の痛みや、脱毛施術時の冷却などが、妊娠中の方にはストレスになる場合があります。悪阻で気分が悪くなるなど普段とは違う体質になっているため、その場合は、脱毛は避けていただいた方がよいでしょう。

授乳中の脱毛について

また、当クリニックでは出産を終えた後の、授乳期間中の施術は行っておりますが、妊娠中と同様に注意が必要です。
理由は、3つあります。

  1. ホルモンバランスの変化により脱毛効果
    妊娠中と同様に、授乳中も脱毛効果を得にくく、ホルモンバランスも変わっているので多毛化する恐れがあります。
  2. 脱毛がストレスになる可能性
    脱毛時の痛みなどがストレスの原因となり、母乳の出が悪くなることや、体がだるくなるなどの影響が考えられます。
  3. 万が一肌トラブルが起きた場合
    授乳中も、薬を服用するとその成分が母乳に入ってしまうため、使える薬が大幅に制限されるからです。外用薬は使用できる薬剤が限られ、塗布できる期間も限られてしまいます。

出産直後は生活リズムが乱れ、体調の変化もあると思われますので、ご心配な方は脱毛を控えていただくことをおすすめします。

妊娠中に毛が濃くなる

妊娠をすると体毛が濃くなったと感じる方が多いです。
これもホルモンバランスの影響で産毛が濃くなってしまいます。
しかし、妊娠中の体毛が濃くなるのは一時的なもので、出産後しばらくすると元に戻ります。
体毛が濃くなることは気になることですが、妊娠中、授乳中は肌がとてもデリケートな状態になります。
この時期に、カミソリや毛抜きなどで自己処理を行ってしまうと、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルを引き起こしやすくなりますので、自己処理は控えてください。

妊娠がお分かりになった場合

脱毛治療の途中で妊娠がお分かりになった患者さまは、まずは当クリニックにご連絡をお願いいたします。

無料カウンセリング予約はこちら