医療脱毛メニュー

いい女はアンダーヘアも美しく。VIO脱毛のご案内

medical_epilation_mv15

VIO脱毛は海外ドラマの影響等をうけて流行し始めたアンダーヘアの脱毛。いまや若い女性を中心に大変人気の脱毛部位になりました。
アンダーヘアをご自身で処理する方もいらっしゃいますが、太く硬い毛の生えやすい部位ですので大変な思いをしているのではないでしょうか?
また、自己処理を続けていると、カミソリ負けやシェーバーの誤操作によって肌を傷つけてしまう可能性もあり、非常に危険です。
今回は、そんなVIO脱毛に関して、医療レーザー脱毛によるメリットや注意点、そしてフェミークリニックでのVIO脱毛の特徴やプランなどをご紹介致します。

VIO脱毛のオススメポイント!

アンダーヘアの自己処理から解放

VIOの自己処理は手入れが難しく、また傷つけてしまった場合、菌が入り込み肌トラブルを引き起こす可能性があります。脱毛によってこうしたリスクがなくなりますので、肌トラブルが起こるリスクは低いです。

どのような水着でもOK

医療脱毛によるVIO部位の脱毛によりデリケートゾーンの心配に悩まされることなく水着を着用することができます

デリケートゾーンが清潔に

Iライン(性器周辺)やOライン(肛門周り)は雑菌でかゆくなったりムレたりしがちですが、デリケートゾーンが清潔に保たれます。

色素沈着やボツボツが気になる

自己処理による副作用ですが続ければ大きな問題につながる場合があります。医療脱毛で適切に処理されることをおすすめします。

VIO脱毛は信頼できるクリニックで!

VIOの医療脱毛VIOの自己処理には剃刀や毛抜き、除毛クリームなどがありますがこれらは手軽で費用がほとんどかからないという反面、炎症や色素沈着、埋没毛などのトラブルを誘発する可能性があります。埋没毛とは自己処理していくうちに、本来生えてくる毛が表面に出ず毛穴の中に埋まったまま成長し黒いぶつぶつとなる症状です。これらのトラブルを回避するためにもレーザーによる医療脱毛が安心です。

注意して頂きたい点

自己処理
自己処理の際、知らないうちに傷つけてしまっている方が多く、肌トラブルへ繋がります。出来るだけ控えて頂ければと思います。
生理中のレーザー照射
影響はございませんが、お肌が敏感になっている事もあるため、生理中は出来るだけレーザー脱毛の照射を控えて頂くようお伝えしております。

まとめ

  • 自己処理の難しい部分なので手入れが楽になる
  • ショーツからのはみ出しがなくなるので、水着も躊躇なく着用できる
  • 生理中は肌が敏感になっているので、VIO部分のレーザー脱毛は控える

無料カウンセリング予約はこちら

美容皮膚科フェミークリニックの無料カウンセリングはこちらから。
当日脱毛施術を希望されるかどうかお選びいただけます。
お気軽にお申し込みください。

無料カウンセリング予約を申し込む