方法別

【自宅ケア】家庭用脱毛器の効果、仕組み、注意点

脱毛器

近年、脱毛をサロンやクリニックで行わず家で行える家庭用脱毛器が普及してきています。

「家庭用脱毛器は効果があるの?」
「安全に脱毛を行えるの?」

という疑問を患者様から頂いております。
家庭用脱毛器について私たちフェミークリニックが解説いたします。

目次 [非表示にする表示する]

  1. 家庭用脱毛器とは
  2. 家庭用脱毛器のメリット
  3. 家庭用脱毛器のデメリット
  4. クリニックの脱毛について

家庭用脱毛器とは

家庭用脱毛器とはその名の通り、家庭で気軽に脱毛を行える機械のことです。市販されている家庭用脱毛器は主に4種類あります。

1つ目は、フラッシュ式です。肌に光を当て、毛根組織にダメージを与えるタイプの脱毛器です。エステで行われている光脱毛と同じ形式です。

2つ目は、レーザー式です。クリニックのレーザー脱毛と同じく、毛の黒い色(メラニン色素)に反応するレーザーを当て、毛が生える組織(毛母細胞)を破壊するという脱毛器です。しかし、通常レーザー脱毛は、医療機関のみでの取り扱いとなるため、家庭用タイプは出力が弱く設定されており、フラッシュ式の脱毛器と効果に差はありません。

3つ目は、熱線式です。表面に出ている毛を熱線で焼き切るという形式でムダ毛を処理します。正確には「脱毛」ではなく、「除毛」になります。

4つ目は、ローラー式です。肌にローラーを滑らせ、毛を絡めとり引っこ抜くというタイプの脱毛器です。お風呂でも使える脱毛器です。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリットは、家で手軽に脱毛を行うことができ、それなりにきれいに仕上げられるという点です。
ムダ毛を処理したいと考えたときに、施術時に人に肌を見せたくない方や時間がなくクリニックに通えない方が、気軽に家でムダ毛を処理できる点が魅力です。

また機器にもよりますが、値段も安価なものがあり、購入しやすいという点もメリットでしょう。
脱毛器の種類にもよりますが、毛抜きやカミソリを使った自己処理と比べると、毛がチクチクしない美しい仕上がりを期待できます。

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器には、種類によって様々なデメリットがあります。

フラッシュ式、レーザー式では、誤った操作による火傷や失明の恐れがあります。熱線式も火傷のリスクがあり、なおかつ毛を抜く際に臭いが発生します。

ローラー式は毛穴に負担をかけてしまうため、埋もれ毛や肌の色素沈着を引き起こす可能性があります。

脱毛は医療行為のため、クリニック以外での脱毛はリスクを伴います。
またレーザー式においても、家庭用に作られているためレーザーは弱く作られているため効果を感じられないことがあります。

どの家庭用脱毛器においても、毛母細胞(毛を作る細胞)を破壊することができないため永久脱毛は不可能です。高い頻度で脱毛を行わないといけません。フラッシュ式、レーザー式ともに、使い続けるためにはバッテリーやカートリッジを追加で購入しないといけないため、結局は多額の費用がかかることがあります。

1度に処理できる範囲が狭いため手間や時間がかかる点や、自分で処理できる部分に限りがある点もデメリットです。家庭用脱毛器を長年使い続ければ、肌へのダメージは蓄積されていきます。黒ずみやくすみなどの肌質の悪化につながる恐れがあり、将来の美肌のためにもクリニックでの脱毛をおすすめします。

クリニックの脱毛について

クリニックでの医療脱毛は、医師の管理の元、安全に毛母細胞を破壊し永久脱毛を可能にします。また、万が一の場合でも、黒ずみやくすみのなどの肌トラブルにもしっかりと対応することができます。また、カウンセリングだけではなくアフターケアまで患者さまの状態に合わせ、きめ細かくアドバイスをさせていただき、しっかりとサポートいたします。どんな些細なお悩みでも遠慮なくお伝えください。

無料カウンセリング予約はこちら

美容皮膚科フェミークリニックの無料カウンセリングはこちらから。
当日脱毛施術を希望されるかどうかお選びいただけます。
お気軽にお申し込みください。

無料カウンセリング予約を申し込む

こちらの記事も読まれています!